RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ZONE SYSTEM WORKSHOP 2012

2012.03.26 Mon
main_img.gif



ゾーンシステムとは

アメリカの写真家アンセル・アダムスは、カルフォルニアの雄大な自然をその美しさとともに写真表現するには、光、露出、フィルム、現像、プリントなど、
それぞれの特性を可能な限り理解する必要があると感じていました。その結果、永年の研究から撮影や現像、プリントまでの一貫したシステムを考案し、
銀塩モノクローム写真の特長を高い次元で確立しました。この方法は、被写体の光をゾーンとして眺めることが大きな特長と言えます。ゾーンとは、
印画紙に現せる最大黒から最大白まで1絞り差による10のトーンに分けたトーンステップを作り、これを10のゾーンとします。被写体の光をメーターを
使って10ゾーンと関係づけることで、そこからビジュアライズ(プリントの想定)が可能になり、つぶれない黒、飛ばない白を確認し、適正露出を
見つけるというものです。フォルムや印画紙の特性を充分引き出すこのシステムによって、中間のトーンを最も美しく再現することが可能になり、
クオリティーの高いプリントが得られるのです。現在、市販されているフィルムや印画紙の特性を個人で理解するためにも、ゾーンシステムは
最も合理的な方法と言えます。


講座の特徴

中型、大型カメラによるモノクローム写真表現の特徴は、何といっても深みのある豊かな階調表現と言えます。しかし、露出やフィルム現像には多くの経験
や難しいデーターが求められ、なかなか取り組めないのが現状です。ワークショップでは光りの特長や露出の意味、フィルム現像やプリントの意味を確認し、一人
一人のシステムを容易に構築できるように進めます。使用するフィルム、印画紙の特性を充分引き出すためには、感や経験だけではうまくいきません。そのためには、
まず使用するフィルムの感度を見つけることが必要です。次に、新しい感度に見合う標準現像時間を見つけ、キャリブレーション、ビジュアライズの訓練、撮影
実習、プリント制作によって完成にこぎつけます。当講座は、モノクローム銀塩写真に興味のある人であれば誰でも参加は可能です。中型・大型カメラを
お持ちでない人は、貸し出しも可能です。(台数に制限あり)※終了作品は、アートスペース・モーターにて展示予定です。


img001.jpg
"テオルボ奏者"2011  人物zone VII zoneV,VI

img002.jpg
"木蓮"2011  葉zone V,VI,VII


カリキュラム

第1回 4/22(日) 13-17時 会場:ヒットオン
ゾーンシステムとは何か。フィルムの感度測定のための撮影。
フィルム現像の方法と注意事項。 各自現像

第2回 5/6(日) 13-17時 会場:ヒットオン
標準現像時間を求めるテスト撮影、4本撮影。
現像方法と注意事項。 各自現像

第3回 5/20(日) A班9-13時、B班14-18時 会場:ヒットオン
フィルムの標準現像時間を見つけるテスト。最大黒、最大白を求め、
撮影ネガからプリントすることで標準撮影現像時間を見つける

第4回 6/3(日) 13-17時 会場:ヒットオン
ゾーンシステムによる撮影。ゾーンの捉え方とビジュアライズの訓練、
インスタントフィルムによるデモンストレーション。 各自現像

第5回 6/17(日) A班9-13時、B班14-18時 会場:ヒットオン
ファインプリント制作。コンタクトプリント、テストプリントの方法。
バーニング、ドジングによりプリントテクニック。 各自現像

第6回 7/1(日) 13-17時 会場:ヒットオン
仕上げ→作品講評→まとめ→終了。ドライマウント、ブックマット、
プリント収集方法。ベストプリント1点を目標にする。 作品展示



◎準備
●35ミリ~8x10インチ いずれかのカメラ
●レンズ/常用レンズ
●露出計/ペンタックス・スポットメーター推薦
●三脚とレリーズ(常用しているもの)
●印画紙/バライタ紙/8x10サイズ50枚程度
●フィルム:常用している35mmフィルム
●ブローニー・フィルム10本程度、4x5,8x10シート、
●フィルム25枚程度
●18%グレーカード(8x10サイズのグレーカード)
●筆記用具


募集要項
◎募集人員15名限定
◎受講料45,000円(フィルム、印画紙含まず。暗室代は第3回、5回のみ含む)
◎申し込み レンタルラボ<ヒットオン>
■Tel 03-6659-6866
■Fax 03-3552-0113
■E-mail : lab★hit-on.co.jp (★を@マークに変更してください)
※件名に「ゾーンシステム・ワークショップ申し込み」と記入してください
      
上記Tel,Fax,E-mailのいずれかで申し込みしてください。

◎振込先  ヒットオン:三菱東京UFJ銀行 赤坂見附支店 普No.0214928


nakajima.jpg

講師:中島秀雄
神奈川県生まれ。東京写真大学(現:東京工芸大学)卒業。写真家・細江英公氏の助手となる。
1972年、細江英公オリジナルプリント展のためのプリントを担当。1977年細江スタジオから独立し
フリーとなる。1986年、アメリカ・バモント州ゾーンVIワークショップに参加。1995年"ゾーン
システム研究会"設立・代表。個展「ナチュラル・ランドスケープ」pgiギャラリー、「光への観照」
写大ギャラリー、「リバー」ギャラリーオーブ、「光りへのまなざし」ポートレートギャラリー、
「Ghost Town Bodie」アートプランニング青山など多数。写真集に「藤田昭子の原風景」(筑摩書房)、
「ゾーンシステム・ハンドブック」(朝日ソノラマ)などがある。川崎市市民ミュージアム写真講座、
写真講座コルプス、東京写真文化館、東京工芸大学大学院、ギャラリーインス等ワークショップ、
レクチャー多数。東京工芸大学非常勤講師、ゾーンシステム研究代表。




スポンサーサイト


Category:Workshop | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |
<<ZONE SYSTEM WORKSHOP 2013 | HOME | タイトルなし>>

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
| | | 2013.01.18(Fri) 08:27:32 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://monochromlab.blog93.fc2.com/tb.php/14-84bee247

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。